GOTO

–目次– 

製作記録【GOTO RT-1】

製作記録【GOTO RT-1改】

製作記録【GOTO RT-1】

説明写真

2015/09/29 製作のきっかけ

はじめはタミヤレスキュークローラでした。

タミヤレスキュークローラー

2015/10/12 Arduino & サーボ の搭載

電子工作が初めてということもあり、とりあえずArduinoとサーボを載せて制御してみました。

タミヤレスキュークローラはじめの改良

2015/10/20 後ろ脚(クローラ)の追加

キットでは前足しかなかったので、後ろ足を追加しました。
よくみるとサーボと測距センサも追加されています。

タミヤレスキュークローラに足の追加

2015/10/29 試作機の製作開始

タミヤレスキュークローラから発想を得て試作機(後にGOTOになる)の製作を開始しました。

GOTO片側の脚の試作

2015/10/31 足回りの試作

こうして足回りが完成しました。
マイコンもArduino Megaへ変更しました。

GOTO足回り試作

2015/11/08 基盤/配線の試作開始

マイコンとサーボを覆うようにプレートを取り付けました。
また、モータードライバ、電源基盤、電池ボックスを搭載しました。

GOTOボディー試作

 

2015/11/16 測距センサ&ArduinoYun搭載

3つの測距センサを搭載しました。崖を検出することができます。
ArduinoYunを搭載し遠隔操作のテストを開始しました。

GOTO ArduinoYun搭載

2015/11/19 ロボットアーム作成

思い付きでロボットアームをつくりました。

GOTOアーム

2015/11/19 ロボットアーム搭載

つくったロボットアームを適当につけました。

GOTO ロボットアーム搭載

2015/12/01 遠隔操作機能

ArduinoYunをWiFi経由でネットワークに接続させ、遠隔操作も可能になりました。

GOTO 操作画面

2015/12/03 カメラ&ライト搭載

カメラとライトを搭載しました。

GOTOライト

2015/12/03 GOTO-RT1完成

以上、GORO-RT1の製作過程です。

 GOTO RT-1完成

製作記録【GOTO RT-1改】

サーボの選定

GOTOは段差を乗り越えるために力強いサーボを必要としました。
今回はSANWAのサーボを使用しました。
(サーボの仕様を載せる予定)

 SANWA Servo

2016/ ユニバーサル基盤からアクリル板へ

今まで骨組みはユニバーサル基盤でしたが、アクリル板に換装しました。

GOTO アクリルへ

2016/ ユニバーサル基盤からアクリル板へ2

天板もアクリルにしました。蛍光緑を採用しました。

 GOTO 天板アクリル

2016/ ロボコン用ケージの作成

ロボコンでボールを保持するためのケージを作成しました。

GOTO ロボコン用ケージ

2016/ 完成

完成しました。

GO-TO RT-2