Arduinoと連携してMicrosoft IMEの状態を表示する方法

概要

ここではMicrosoft IMEの状態(無効,半角,全角)をArduinoを用いて確認する方法について紹介します。

プロジェクトファイル

・必要最低限のファイル一式です
ArduinoIME ver1.0.zip
・C#.NETのプロジェクトファイルです
ArduinoIME ver1.0(プロジェクト).zip

使い方

  1. ArduinoIME ver1.0.zipをダウンロードする
  2. ファイルを解凍し、readmeを読む
  3. Arduinoの3,4,5ピンにLEDを差し込む
  4. ArduinoをPCへ接続する
  5. arduino_imeフォルダ内の「arduino_ime.ino」ファイルをArduinoへ書き込む
  6. ArduinoIME.exeを実行する
  7. 「ポート’COM’は存在しません」というエラーメッセージが表示されます(OKをクリック)
  8. 「COMポート」の項目にArduinoのポートを設定する(ex.COM4)
  9. 「接続」をクリック
  10. ステータスバーに「接続しました」と表示されたら成功(設定は保存され、次回起動時からはタスクトレイに起動します)
  11. ×ボタンを押すとタスクトレイへ格納します
  12. 終了するときはタスクトレイのアイコンを右クリックして「終了」をクリック

ソースコード