CygwinとGLUTの動作確認

ここではCygwinとGLUTのインストールでセットアップしたCygwinが問題なく動作するかの確認をします。

説明 画像

「Cygwin64 Terminal」をダブルクリックしてCygwinを起動させます。

001

コンソールを右クリックし「Options…」をクリック。
「Text」の項目を以下のように変更。
Font :Lucida Console, 16-point
Locale :ja_JP
Character set :UTF-8

これで日本語が文字化けしないようになります。
また、コンパイルするファイルや読み込むファイルは必ず「UTF-8」で保存してください。

002

コンソールに「startxwin」と入力しXサーバーを立ち上げます。
無事に起動するとコンソールに文字列が表示されます。

003

以下のファイルをデスクトップに保存してください。
右クリックして「対象をファイルに保存」で保存できます。 GLUTtest.c

ダウンロードが出来たらCygwinをもうひとつ起動する。
※先ほど起動したCygwinはXサーバーとして動いているため多重起動させます。

004 (1)

コンソールに以下のように入力します。
「cd /cygdrive/c/Users/[ユーザー名]/Desktop」
  └→デスクトップに移動
「ls」
  └→現在のディレクトリにあるファイルの一覧を出力

出力されたリストに「GLUTtest.c」があることを確認

005 (1)

コンソールに以下のように入力します。
「gcc -I/usr/include/opengl -o GLUTtest.exe GLUTtest.c -lglut -lGLU -lGL」
└→ソースコードのコンパイル
「export DISPLAY=:0」
└→ディスプレイの表示先を設定

006 (1)

「./GLUTtest.exe」を実行すると右図のようなウィンドウが表示されます。
ウィンドウの×ボタンをクリックすると終了します。

これで動作確認は終了となります。

007 (1)

講義では右図のようなサンプルプログラム(main.c)が配布されます。
これを実行するときはコードを以下のように変更してください。
「#include <glut.h>」「#include <GL/glut.h>」

008 (1)

余談にはなりますが私が講義で製作したものです。
配色はbingマップを参考にしています。

009 (1)